おおまめとまめ育児日記

2017年女児出産 育児中の記録 絵日記 料理

【出産レポ】普段見ない夫の一面!分娩中後日談

【スポンサーリンク】

こんにちはおおまめです。
今回は後日知った分娩中のできごとを。

普段見られない夫の一面

今回、私も夫も意見が一致し、
立会い出産は希望しませんでした。
夫も母も陣痛室までは一緒にいてくれましたが、分娩室へ移った後はカーテンを隔てた向こう側で待機。
なので話声も聞こえるし経験者の母は何が起こっているかはだいたいわかっていたようです。
そして吸引分娩が行われると決まってからは医者の怒鳴り声は聞こえるは慌ただしくなるわでザワザワしていたのを夫がどのように感じていたのかわかりませんが、なぜか母が〝今こんなことが行われている〟〝こういう器具を使って...〟と逐一夫に説明していたようで(母は医療従事者)
実際の状況を見ることは出来ない、でも母の説明で想像は膨らむ、
さっきまで陣痛室でボロボロになりながらも痛みに耐えていた私が、とんでなもない叫び声をあげていることに堪えきれず涙を流していた

らしい。

妊娠していた時からどこか他人事のような感じで(男性は実感しにくいでしょうが)そういった所は寂しく感じていたので、普段見られない一面を見て(実際は聞いて)良かったと思っています。

産後のパートナー(夫)の一言

これまた私が分娩室で発狂していたころのお話。
看護師さんの1人が、産んだ後になんて声をかけるかはとても大切。
とんでもないことを言って夫婦仲が険悪になったのを見てきてるから、感謝であるとか、労いの言葉を必ずかけてあげてね、と夫にアドバイスをしていたらしい。(母談)

ちなみになんて声をかけられたかは全く覚えていない。
ということは逆に言えば夫はアドバイス通りにしたのだろう。
もしとんでもないことを言われていたら一生忘れないだろうから。

120点!!

難産からの赤ちゃん誕生に感動した看護師さん

産後数日がたったころ、夜中にトイレが行きたくなり赤ちゃん(まめ)をナースステーションで預かってもらおうと(母子同室の為)まめが寝ているベッドをコロコロと押して部屋を出た。
看護師さんが預かりますねーとネームプレートを見た瞬間「おおまめさんね!!あなだがあのおおまめさんねぇ!!」

( ° ࿁ ° )!?

ちなみに夜中です。
私あまりにびっくりしておしっこひっこみました。

どうやら出産当日にいた看護師さんの1人のようで、(人数が多かったのでほとんど覚えていない)おおまめさんの出産が難産で本当に大変だったけど、無事に産まれることができて私感動したのよ
ということを興奮ながらにおっしゃっていました。

なんか恥ずかしい...
分娩中は無我夢中で全くまわりが見れていなかったので、産後ふと思い出せば恥ずかしいことっていっぱいある気がする...
まぁ感動していただけたのなら...良かった。

分娩中色んなことがあったんだなぁと後日知ったお話でした。

【スポンサーリンク】





Instagram
にほんブログ村 子育てブログへ