おおまめとまめ育児日記

2017年女児出産 育児中の記録 絵日記

【産褥期】産後の身体はボロボロ!! 周りの理解の大切さ

【スポンサーリンク】

妊娠出産を経験すると、産後の身体は交通事故にあったようなもの、全治1ヶ月の怪我と一緒とよく耳にする。
だが一方で、旦那さん、家族に理解して貰えず、病気じゃないんだからと産後すぐに家事に取り組まなければいけないという話も聞く。
出産するお母さんではなく、1番の支えであってほしい旦那さん、家族にこそ産後の身体の変化を認識してほしい。

何をするにもお股が痛い

f:id:oomametomame:20190204184850j:plain
まず〝お股〟がとにかく痛い。
トイレも怖い。(怖くて便秘になる人が多いそう)
シャワーも怖い。
座るのも怖い。
ドーナツクッションはないよりあった方がマシだけれどもあっても痛い。
この痛みさえなければ赤ちゃんの為にガンガン動けるのに...。
今思ったが、自覚症状がないと産褥期に無理をして(育児だけでも重労働だが...)身体の戻りが遅くなり、今後の生活に支障をきたすことになったかもしれない。
股が痛くて歩けない位でちょうど良かったのかもしれない。
ちなみに自分の目で見て確認することは最後までなかった。
見た途端痛みが増しそうで見る勇気がでなかった。
入院中していた1週間で3人の先生に診てもらったが、みんな口を揃えて言った。
医者「あ〜これは痛いよね...ツンツン」

おい、やめろ。触れるな( ´・ᵕ・ )

やっぱり傷がひどいのかしら...と想像するだけで十分。

会陰切開後の縫合の痛みをイタイイタイと言いつつなんとか我慢できるのはきっとそれよりもはるかに痛い陣痛を経験したからだとつくづく思う。
男性は1度でいいから想像してほしい。
自分のあそこをちょんぎって縫った状態を。
そして陣痛はそれをはるかに超える痛みだと。

旦那さんに〝よく頑張ったね〟ってひと言言って貰えたらとても嬉しい。

どんどん痛くなるおっぱい

産後三日目には乳首がヒリヒリジンジン痛むようになってきた。
赤ちゃん(まめ)は初めて吸うおっぱい。
私も初めて赤ちゃんにおっぱいをあげる。
不慣れ同士どうも上手くいかない。
簡単そうに思える授乳もこんなに難しいものなのかと驚愕した。
授乳の際、助産師さんや看護師さんが毎回マンツーマンで手助けに
来てくれる。
それでも何回も正しい位置へ咥え直させるという作業をしなければいけない。
先だけ吸われたり、何度も咥え直させることで、引っ張られたりこすれて皮膚は赤くなり、ヒリヒリと傷む。
授乳は2、3時間に1回行なう。
前回の痛みが治まっていないのに次の授乳時間がくる。
その繰り返しだ。

授乳中はもちろん、授乳後も下着や服に擦れて痛い。
だがまだ辛うじて我慢はできる。
看護師さんに馬油を塗ってラップで保湿するといいと聞きすぐに旦那に買ってきてもらった。
まぁいつか直るか〜とこの時点ではあまり深くは考えていなかったが、産後一年以上たった今でも一番大変だったのがこのおっぱいトラブルだったと断言できる。
これに関してはまた後日お話したいと思う。
出産を控えている方で鋼の乳首をお持ちでない限りは馬油の用意をオススメします。
選ぶ時は赤ちゃんが舐めても問題ないよう必ず馬油100%のものを選んで下さい。

ソンバーユ

ちなみに馬油でもダメになった時は羊油がおすすめ。
羊油の方がこってりしているので、傷口を厚くカバーすることができる。
もちろん無添加・無香料、赤ちゃんの口に入っても問題ない。
ちなみに唇の保湿、家事でガサガサになった手先のケアにも使えて優秀。

カネソン ランシノー

手に全く力が入らない

利き手を動かすことはできるのだが、握ったり、ぎゅっとつまんだりはできなかった。
なぜこうなったか...陣痛の際ベッドの柵を掴んでいたのが原因だ。
あの時の握力は68kg以上だったと今でも思っている。
(ちなみに30代男声の平均が約50kg、ゴリラの平均が500kg)
いつから握っていたか記憶は定かではないが、少なくても6時間は握っていたはず。
それがこんなことになるなんて...

f:id:oomametomame:20190204184819j:plain

箸は辛うじて使うことが出来た( 握力が必要ない為)
ペンを持って文字は書けなかった。コップを持てばプルプルと小刻みに震える始末。
まめを抱く時は腕と手首の力を使っていた。
とにかく日常生活だけでも不便なのに育児がプラスされた状態で利き手がうまく使えないのは非常にストレスであった。
これが最終的に1ヶ月で治ったのだが、当時は病気になったのではないか、一生治らないのではないか、病院へ行った方がいいか、でも生後1ヶ月もたってない赤ちゃんと一緒になんて行けない...ととても不安だったことを覚えている。

言うまでもなく睡眠不足

「子ども産まれたら眠れなくなるよ〜」
これ。よく聞くこれ。
そんなこと言われなくてもわかってるよーって思っていた私。
今ならわかる。
想像の10倍眠れない。
経験したからこそ言える。

子ども産まれたら眠れなくなるよ


無知は罪?知ろうとしないことは罪

ボロボロの身体で慣れない育児に加え、数日の内に身体の不調が次々と出てくる。
そんな状態でも手のかかる赤ちゃんに自分のことにかまっている時間は一切ない。
まったく先が見えない状況に不安で押しつぶされそうな気持ちになる。

無知であったばかりに、そこに追い打ちをかけるようなことは絶対にしないでほしい。